【経営者の悩み】 相談できる相手がいない!

経営者の悩みの一つとして、相談相手がいないということがよく挙げられます。

まず、あなたが経営者であることは、あなたがその会社を設立したか、非常に優秀で抜擢されたか、後継者に選ばれたかのいずれかだと思います。

要するに、あなたが秀でているから会社の経営をしています。

ですので、優秀ゆえに悩むことが多いし、責任感も非常に大きいと思います。

このように考えると、悩み、考え、それを消化できずに、自分には相談相手がいないと考えることは経営者にとって自然な悩みと言えるでしょう。

決して恥ずかしいことではありませんし、むしろ胸を張ってください。

話し易く、信頼できる右腕的な人が会社にいれば、悩みをうまくコントロールできるかもしれませんが、そう簡単にそのような人材は見つかりません。

現実的な話をしますが、残念ながら人生で信用できる人に出会う確率は、多くはないと私は思っています。

かく云う私も雇われではありますが、海外法人の経営者をやっていました。

ミッションは赤字体質からの脱却でしたが、慣れない海外の土地で、しかも経営者として事業を成長させることは並大抵のストレスではありませんでした。

現地のスタッフと衝突したこともありました。

私がミッションをやり通せたのは、たまたま信頼できるスタッフに出会えたからです。

私の場合は非常にラッキーでしたが、自分と価値観が合い、相談もでき、信頼できるスタッフに恵まれることは非常に稀だと思います。

人は話すだけで、これだけストレスから解放されるのだと強く感じた時期でした。

経営者はやはり意思決定をしなければならない立場にあり、時には非情な決断をしなければいけないときがあります。

良いことばかりではありません。むしろ課題解決の連続かもしれません。

立場を利用されたり、騙されるのではないかとの警戒心も必要ですし、むしろそれぐらい考えて経営をした方が良いと私は思います。

私の結論は、経営者に相談相手がいないのが、普通の状態であるということです。

信頼して、本当に心を許せる相手がいないと言い換えた方が良いのかもしれません。

ですので、ネガティブに捉えるのではなく、それは通常の状態と捉えてください。

決して宣伝をするつもりはありませんが、我々参謀は、そんな経営者の良き話し相手、相談相手になりたいと思っています。

今まで良き相談相手に巡り合えていない経営者にこそ、一度参謀を活用して欲しいです。

我々の相談は基本的にオンライン(ZOOM)形式ですので、ご連絡をいただいたからと言って、すぐに現場に行って売り込むようなことはしません。

むしろ価値がないと思えば、初回の無料相談だけで終わりでも構いません。

もし気に入っていただいた後も、お客様ごとのご予算に応じた価格を提示します。

我々は一つでも悩みや課題を解決し、お客様の気持ちが軽くなることを心から祈っています。

Share this content:

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です